2006年08月30日

変革運動への失望と経済的繁栄A

しばらく更新が途絶えていました。
再び始めていきます。
--------------------------------------------------

変革運動への失望と経済的繁栄A

それに加えて、日本の経済成長は多少のつまづきはあっても持続し、たしかにいちおう「経済大国」「ジャパンアズナンバーワン」になったのである。そうした、経済的繁栄のなかで、「変革しなくなって、結構みんな豊かにやっていけるじゃないか」という雰囲気が蔓延し、日本全体を覆っていた。それが、70から80年代の基本的状況だと思う。
それをもっとも象徴するのは、72年に国連では人間環境会議が開催され、「われわれは歴史の転換点に到達した。今やわれわれは世界中で、環境の影響に一層の思慮深い注意を払いながら、行動しなければならない」という「人間環境宣言」が採択されているとき、日本では同じ年の同じ月に、田中角栄通産相の「日本列島改造論」がぶち上げられていたことである。そしてやがて、10年余りが過ぎ、84年の意識調査では、日本人の90パーセントが「中流」だと感じるようになった。首都圏の地価の高騰や消費税の強行以降、最近の調査では、少し落ちたようだが・・・・。

現実といってもいろんな現実があり、目先自分の身のまわりで見えていることだけで考え、地球レベルの現実に目を向けなければ、結構気楽にやれたのが、それ以降の日本の状況だった。日本のレベルでも世界のレベルでも、周辺、深部で危機は進行している。それに目をつぶって、「とりあえず自分たちは豊かに楽しくやってきたし、今後もほぼこのままで行ける、行きたい」と思っているのが、日本の相当多数の国民の意識であり、それが体制を支えてきたのであろう。
posted by tetugaku at 12:35| Comment(44) | TrackBack(6) | 日本人の思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。