2006年08月24日

新左翼

新左翼

50年代から始まっていたソ連型共産主義への評価の分裂が、60年代半ば頃から決定的になり、構図はかなり大きく変わった。
終戦後、日本共産党はアメリカ軍を「解放軍」と見て、占領下での平和革命が可能だと考え、ついで世界の共産主義運動を指導するコミンフォルムにその路線を批判されると共産党内部が分裂し、主流派はいったんは過激な武装闘争の方針を取った。ところが、53年のスターリンの死で、国際共産主義の流れが変わり、ソ連がアメリカとの冷戦・平和共存という方向に向かうと、共産党はそれまでの武装闘争の方針を撤回した。ここでまず、党の指示に従って裏切られた学生の間に大きな党・幹部不信が起こった。
さらに56年、フルシチョフのスターリン批判でスターリン―ソ連の絶対視が揺らぎ、同年ソ連がハンガリーへ軍事介入を行い、日本共産党はそれを支持したが、そのあたりから、ソ連―日本共産党をスターリニズムとして批判し、「反帝国主義・反スターリニズム」というスローガンを持った新左翼が既成左翼から分離した。一枚岩的に一致した「これこそ唯一の正義」というイメージを持ったコミュニズムは存在しなくなったのである。
posted by tetugaku at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人の思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22742405

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。